Recently in movie Category

未来世紀ブラジル

| 1 Comment

「未来世紀ブラジル(1985 UK)」
英題:Brazil
媒体:DVD

Brazilposter.jpg

SFにカテゴライズされているのですが、空想科学的というお話ではないです。2010年の今見てもなかなかに興味深いというかイタイとこ突いてますというか。大好きな映画です。

地球上のどこかの国。端末に虫の死骸が紛れ込んだ為に起こったタイプミス、まさに「バグ」から物語りは展開していきます。
と、ストーリーは是非ご自身で。ブラックだし、救いもないですけど、建物とか小物のデザインは面白いです。

映画の中で非常に印象に残っているのが「端末」タイプライターにブラウン管むき出しの表示装置がくっついている。これがエラク格好よい。作って飾ってみたい。

この映画を知ってから、ずーっと気になっているのは、なんで Brazil というタイトルなのか。

The Red Violin

The Red Violin

「レッド・バイオリン(1998 /Canada Italy UK)」
英題:The Red Violin
媒体:DVD

楽器のミニチュアを作るための一環として。実は5年ほど前にスカパーで最後の方を見ていたのでそれまでがどんな展開だったのかはずーっと気になっていました。芳賀先生もこの映画を見ていて最初に出てくる工房がいい感じだと言っていたし。

映画自体もとても丁寧な作りでストーリーも映像も良かったです。是非。
ミニチュア制作にあたっても色々と参考になりました。興味深かったのは初期のRed Vaiolinの指板がエボニー(黒檀)ではなさそうだということ。白っぽくて生木のような色みたいな感じでした。なんだろう。

うーむ。ヴァイオリン一本欲しくなってきました。

Wikipedia ただし英語。映画を観たあとに読むと面白い。
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Red_Violin

The Aparrtment

「アパートの鍵貸します (1960年/アメリカ)」
原題:The Aparrtment
媒体: GyaO
3948_0024.jpg
いままで何度か見逃していたのだが、ついに観ることが出来ました。
コメディです。普通に楽しく鑑賞できます。
見所はShirley MacLaineが素敵なとこです。その後、彼女はスピリチュアルな方面へ行くのですが、その辺もちょっと興味ありますね。
写真は Billy Wilder と Jack Lemmon と

「ヒトは何を求め何を手に入れるのか」と深読みも出来ます。

This is Spinal Tap

thisisspinaltap.jpg「スパイナル・タップ (1984年/アメリカ)」
原題:This is Spinal Tap
媒体: DVD
お薦め度:ちょっと前のロックが好きでシャレの分かる人向け

友人のフラメンコギタリストお薦めのロックバンド・ドキュメンタリー風映画。
20年前の映画ですが、基本的にロックバンドってぇのは変わんないんだね!って再確認。トリプルベースの曲があったり、マーシャルのツマミが「11」まであったりと、細かいとこでニヤリとさせられる事多し。

なぜ、ドキュメンタリー風映画なのかというとSpinaltapというバンド自体が半分架空のバンドなのです。演技はアドリブで実際に演奏もしているらしい。

しかし、なぜフラメンコギタリストからこのDVDなのか。

Adaptation.

「アダプテーション (2002年/アメリカ)」
原題:Adaptation.
媒体:スカパー cinefil imagica
adaptation.jpg
Meryl Streep が良いです。

The Country Girl

「喝采 (1954年/アメリカ)」
原題:The Country Girl
媒体:スカパー cinefil imagica
the_country_girl.jpg
よかったです終盤までは。ま、お話的に分かりやすく盛り上がるんですけど。
ところで原題の「The Country Girl」ってのは当然主演女優のGrace Kelly演ずるジョージーの事なんでしょうが、邦題の「喝采」てのはなんでしょう?多分Bing Crosby演ずるフランクが再び喝采を浴び(れたかどうか本編では不明のまま)るかというとこから付けられたんだと思いますが。という事は当時の日本(日本での公開年は分かりませんが)では女性が主人公というタイトルにはしたくなかったんでしょうね…。

Dances with Wolves

「ダンス ウィズ ウルブス(1990年/アメリカ)」
原題:Dances with Wolves
媒体:スカパー The Cinema
有名な映画なのでとりあえず観てみるべ。と、軽い気持ちで観たのだがとても素晴らしい。
尊敬できる映画です。

Paris brûle-t-il?

「パリは燃えているか(1966年/フランス=アメリカ)」
原題:Paris brûle-t-il?
媒体:スカパー cinefil imagica
paris_brule-t-il.jpg
Is Paris Burning? タイトルだけは知ってました。第二次世界大戦、パリ解放の話。
出演陣は豪華。66年の映画なのに白黒。上映時間は3時間。そんな映画。

Boccaccio '70

| 1 Comment

「ボッカチオ '70(1962年/イタリア=フランス)」
原題:Boccaccio '70
媒体:スカパー cinefil imagica
62年の映画だけど「ボッカチオ '70」。
四編のオムニバス。フェリーニの映画をちゃんと観たのは実はこれが最初です。ちょっとウルトラマンとかウルトラセブンを思い出しました(夜の街の感じが)。

Spiklenci slasti

| 1 Comment

「悦楽共犯者(1996年/ チェコ=イギリス=スイス)」
原題:Spiklenci slasti
英題:Conspirators of Pleasure
媒体:スカパー cinefil imagica
CONSPIRATORSOFPLEASURE.jpg
快楽とはなんでしょう?気持ちよさ・興奮。劇中の彼らの姿は滑稽でありみっともなく、おぞましささえ感じられるだろうが、真剣そのものであり、誰にでも心当たりがある行動なんじゃないかな?子供の頃に夢想したものってこんな感じかも。
映画的には最後のオチみたいな部分は無くても良かったんでないかと思いました。
監督はアリスと同じシュヴァンクマイエル。 Wikipedia