Recently in music Category

Rock Guitarist

rock guitarist

Haruo Kubota

Yuru Yuru de bero bero #2

Shirou Fukuoka

昨晩行われた窪田晴男企画「ゆるベロ」第2回
福岡史郎さんのリハ

弾き語り×2+DUO

Haruo Kubota & Genji Kinoshita

窪田晴男 & 木下弦二

Yuru Yuru de bero bero

Haruo Kubota

2010 05 22 L plus

窪田晴男

YUKINO and Haruo Kubota

SDIM2270.jpg

Haruo Kubota and Shirou Fukuoka

晴男さんに「音楽界の盲点」と形容された「福岡史郎」さん。

こんな風にギターを弾ける人は初めて見た。「技巧」というのではなく、生み出される「グルーヴ」が凄い。
こんなギターが弾ける人がいるんだと、驚きました。
「ギターの上手さ」てのは色々ありますね~。

晴男節(いろいろな)も健在でありました。

This is Spinal Tap

thisisspinaltap.jpg「スパイナル・タップ (1984年/アメリカ)」
原題:This is Spinal Tap
媒体: DVD
お薦め度:ちょっと前のロックが好きでシャレの分かる人向け

友人のフラメンコギタリストお薦めのロックバンド・ドキュメンタリー風映画。
20年前の映画ですが、基本的にロックバンドってぇのは変わんないんだね!って再確認。トリプルベースの曲があったり、マーシャルのツマミが「11」まであったりと、細かいとこでニヤリとさせられる事多し。

なぜ、ドキュメンタリー風映画なのかというとSpinaltapというバンド自体が半分架空のバンドなのです。演技はアドリブで実際に演奏もしているらしい。

しかし、なぜフラメンコギタリストからこのDVDなのか。

Ciudad de las Ideas. En concierto desde Córdoba

Ciudad de las Ideas. En concierto desde Córdoba
Vicente AmigoのライヴDVDを入手しました。2000年くらいのライヴのようです。Vicenteのライヴ映像でリリースされているものはこのDVDだけらしい(YouTubeなんかには色々あるようですが)。
ちなみにこのDVDはPALという規格で、日本のNTSCという規格と互換性がないので大抵の国内のDVDプレイヤーでは再生できませんが、DVDドライブ付きのパソコンでなら再生できますよ。

フラメンコギターのレッスンに通う

Conde Hermanos EF5
我流ではどうにもならんという事で3月からレッスンに通ってます。
基礎からやり直してます。写真は本格的に始める為に購入したフラメンコギターでござる。

爪の強化

右手親指
5本揃って伸ばせた事がなかった(アロンアルファ釣名人ソフト瞬着は失敗でした…)ので、友人の紹介でネイル屋さんに行って爪を強化してもらいました。
自爪の上に樹脂のようなもの(元は歯医者で使われていたものだそうです)を盛って偽の爪を作るわけです。
装着感(?)は「それほど違和感は無い」ですが、「しならない」ので爪に力が掛かった時はちょっと嫌な感じです。
見た目は「あまりよくない」です。透明なので爪本体との境界あたりがびみょー。ちょっと人体模型ちっくな気分も味わえます。
強度は「スゲー硬い」。これは折れません、欠けません。逆にこれが折れたりする状況では自爪もタダじゃ済まなさそうで怖いですね。
演奏時の感覚は「ほぼ問題ナシ」です。音が若干メタリックになる気がします(特にラスゲアードの時とか)が気にしすぎなのかも。まあ、僕の腕だと気にならないだけかもしれません。

装着直後の感想はこんなところですが、日数を経るとどう変化するのか気になります。

ちなみに野球のピッチャーも爪強化やってたりするそうです。